top

織物で、驚きと感動を
紡ぎ出す「仕事」。

西川の「仕事」

|事業領域|

西川の「人」

○衣料・インテリア
薄さを究めた美は、婦人衣料で最も輝きます。その比類なき美しさは国内外のファッションブランドに認められ、ブライダル・フォーマルドレスをはじめ、さまざまな婦人衣料用生地に用いられています。また、カーテンなどのインテリア資材としても活躍しています。

○産業用資材
精密な薄地織物は、産業用資材としても利用されています。家電製品用フィルターや、自動車エンジンのダイヤフラムをはじめ、その用途は多岐にわたります。依頼主であるメーカー様と協力し、オーダーメイドの資材を開発・製造していきます。

|部署紹介|

営業部

○営業開発課
国内外のファッションブランドやメーカー様とやり取りし、生地の提案やオリジナル製品の開発などを行います。世界のファッショントレンドを読み取りながら新たな織物を企画・デザインし、世界市場で売り出します。

○品質保証課
品質の「最後の砦」となる検査業務を担当します。織り上がった生機(きばた)を目視で検査し、キズ、ムラ、汚れ、スジなどがないか厳しくチェック。異常があれば製造部にフィードバックします。また、出荷伝票を作成し、出荷準備を整えます。

仕事風景01
営業部

○営業開発課
国内外のファッションブランドやメーカー様とやり取りし、生地の提案やオリジナル製品の開発などを行います。世界のファッショントレンドを読み取りながら新たな織物を企画・デザインし、世界市場で売り出します。

○品質保証課
品質の「最後の砦」となる検査業務を担当します。織り上がった生機(きばた)を目視で検査し、キズ、ムラ、汚れ、スジなどがないか厳しくチェック。異常があれば製造部にフィードバックします。また、出荷伝票を作成し、出荷準備を整えます。

仕事風景01
仕事風景03
製造部

○準備課
織物はタテ糸とヨコ糸を組み合わせてできています。準備課では、整経機と呼ばれる機械を回してタテ糸を準備します。また、それに関わる糸つなぎなどの作業も行います。織物の半分はタテ糸であるため、品質を決めるとても重要な作業です。

○織布課
機械を用いて糸を織り上げ、生機をつくります。機械の稼働状況を確認してまわり、ヨコ糸の補充や生産量の記録のほか、糸のもつれや部品故障などトラブルの際のメンテナンスを行います。ミクロン単位の糸を扱う繊細な作業のため、熟練の職人技が求められます。

製造部

○準備課
織物はタテ糸とヨコ糸を組み合わせてできています。準備課では、整経機と呼ばれる機械を回してタテ糸を準備します。また、それに関わる糸つなぎなどの作業も行います。織物の半分はタテ糸であるため、品質を決めるとても重要な作業です。

○織布課
機械を用いて糸を織り上げ、生機をつくります。機械の稼働状況を確認してまわり、ヨコ糸の補充や生産量の記録のほか、糸のもつれや部品故障などトラブルの際のメンテナンスを行います。ミクロン単位の糸を扱う繊細な作業のため、熟練の職人技が求められます。

仕事風景01

とやまお仕事CHANNELに「西川産業」が紹介されています。

仕事イメージ
エントリー リクナビ 転職ナビ
エントリー
リクナビ
転職ナビ