top

奇跡のテキスタイルを
創り出す「人」。

西川の「人」

奥村結

Q1西川産業に入社したきっかけは?

「おもしろい会社あるけど」という恩師の紹介。

工芸や民芸が好きな両親の影響か、小さいころから糸を触るのが好きで。中学生のときには染織部という珍しい部活に入って、羊毛を鍋で煮て、紡いで織るということをしていました。出身は愛知県ですが、石川県の美術大学に進学して染織を専攻しました。それで大学の恩師から「おもしろい会社あるけど行く?」と紹介されたのが当社で、「おもしろいなら行きます!」と(笑)。

Q2主にどのような仕事をされていますか?

新ブランド「JUNOS」を海外へ売り出す。

品質保証課と営業開発課を兼務しています。品質保証課では、織り上がった生機(きばた)を目視で検査して、欠点などの異常がないかを確認します。ほかには出荷伝票をつくるなどの作業があります。
営業開発課では、海外へ挑戦する薄地織物の新ブランド、「JUNOS」の立ち上げをサポートしています。ただ、当社は基本的に「こういうものつくれる?」という依頼からはじまる受注生産型のメーカー。しかも、本格的な海外展開に向けた自社ブランド開発というのは前例がなく、ゼロからのスタートでした。私はプロジェクトの途中から参加していますが、開発会議の議事録の作成やサンプルの発注など、プロジェクトリーダーを補佐する秘書的な役割をしています。

西川の人01
西川の人03 西川の人04

Q3仕事のやりがいとは?

織物には夢があるし、考えていて楽しい。

いつも品質保証課で検査している加工前の生機って、ぜんぶ白いんです。それに色をつけて加工すると、もっと質感がやわらかくなったり、もっと艶めいて見えたりして。「JUNOS」の開発にあたって加工のことまで知っていくと、織物の可能性を感じます。生機という土台があって、その上に加えていくものによってぜんぜん違うものができあがる。とても夢があるし、考えていて楽しいですね。これから「JUNOS」が海外のファッションブランドに広まったら、このブランドで使われたよって社員のみなさんにはやく報告したいです。現場のモチベーションも高まると思います。

Q4西川産業のいいところとは?

社員のことを信頼している。

とてもいい環境だと思います。不満といえば、工場がちょっと暑いくらいで(笑)。福利厚生もしっかりしてるし、女性が多い職場なんですけど、家庭のことにも理解がある印象ですね。個人の裁量が大きくて、若手でも自分の判断に委ねてくれます。その分責任はありますが、社員のことを信頼してくれているんだなと感じます。

Q5プライベートな時間はどのように過ごされていますか?

ゆとりのあるアフターファイブ。

だいたい定時で退社できるので、ゆとりのあるアフターファイブですね。友達とゆっくりごはんにも行けます。ふだんは買い物して、晩ごはんと明日のお弁当をつくって、あとはyoutubeで落語聞いたりしてます。わりとまったり暮らしてますね。休日は大学時代の友達に会いに金沢へ行くことが多いです。

Q6今後の目標はありますか?

尊敬するチーフのようなデザイナーに。

企画から完成までのすべてをプランニングできるデザイナーになりたいです。今の営業開発課のチーフは、糸の組み合わせが頭のなかでわかっていて、イメージしたように織物をつくれるんです。それが楽しそうだなと思って。自分はまだイメージが追いつかなくて、企画の指示書を見て、織り上がった織物を現場で見てはじめて、これがこうなるんだってわかるんですけど。もっとできることを増やして、尊敬するチーフのようになりたいです。

奥村結
西川の人01

Q1西川産業に入社したきっかけは?

「おもしろい会社あるけど」という恩師の紹介。

工芸や民芸が好きな両親の影響か、小さいころから糸を触るのが好きで。中学生のときには染織部という珍しい部活に入って、羊毛を鍋で煮て、紡いで織るということをしていました。出身は愛知県ですが、石川県の美術大学に進学して染織を専攻しました。それで大学の恩師から「おもしろい会社あるけど行く?」と紹介されたのが当社で、「おもしろいなら行きます!」と(笑)。

Q2主にどのような仕事をされていますか?

新ブランド「JUNOS」を海外へ売り出す。

品質保証課と営業開発課を兼務しています。品質保証課では、織り上がった生機(きばた)を目視で検査して、欠点などの異常がないかを確認します。ほかには出荷伝票をつくるなどの作業があります。
営業開発課では、海外へ挑戦する薄地織物の新ブランド、「JUNOS」の立ち上げをサポートしています。ただ、当社は基本的に「こういうものつくれる?」という依頼からはじまる受注生産型のメーカー。しかも、本格的な海外展開に向けた自社ブランド開発というのは前例がなく、ゼロからのスタートでした。私はプロジェクトの途中から参加していますが、開発会議の議事録の作成やサンプルの発注など、プロジェクトリーダーを補佐する秘書的な役割をしています。

Q3仕事のやりがいとは?

織物には夢があるし、考えていて楽しい。

いつも品質保証課で検査している加工前の生機って、ぜんぶ白いんです。それに色をつけて加工すると、もっと質感がやわらかくなったり、もっと艶めいて見えたりして。「JUNOS」の開発にあたって加工のことまで知っていくと、織物の可能性を感じます。生機という土台があって、その上に加えていくものによってぜんぜん違うものができあがる。とても夢があるし、考えていて楽しいですね。これから「JUNOS」が海外のファッションブランドに広まったら、このブランドで使われたよって社員のみなさんにはやく報告したいです。現場のモチベーションも高まると思います。

西川の人03

Q4西川産業のいいところとは?

社員のことを信頼している。

とてもいい環境だと思います。不満といえば、工場がちょっと暑いくらいで(笑)。福利厚生もしっかりしてるし、女性が多い職場なんですけど、家庭のことにも理解がある印象ですね。個人の裁量が大きくて、若手でも自分の判断に委ねてくれます。その分責任はありますが、社員のことを信頼してくれているんだなと感じます。

Q5プライベートな時間はどのように過ごされていますか?

ゆとりのあるアフターファイブ。

だいたい定時で退社できるので、ゆとりのあるアフターファイブですね。友達とゆっくりごはんにも行けます。ふだんは買い物して、晩ごはんと明日のお弁当をつくって、あとはyoutube で落語聞いたりしてます。わりとまったり暮らしてますね。休日は大学時代の友達に会いに金沢へ行くことが多いです。

Q6 今後の目標はありますか?

尊敬するチーフのようなデザイナーに。

企画から完成までのすべてをプランニングできるデザイナーになりたいです。今の営業開発課のチーフは、糸の組み合わせが頭のなかでわかっていて、イメージしたように織物をつくれるんです。それが楽しそうだなと思って。自分はまだイメージが追いつかなくて、企画の指示書を見て、織り上がった織物を現場で見てはじめて、これがこうなるんだってわかるんですけど。もっとできることを増やして、尊敬するチーフのようになりたいです。

1日のスケジュール

8:30 9:00 12:00 13:00 13:30 14:30 17:00
品質保証課の
ミーティング①
検 査 昼ごはん 品質保証課の
ミーティング②
出荷作業 営業開発課の
業務
退 社
全体の作業内容と割り振りや優先順位を確認する。 織り上がった生機に異常がないか目視で確認する。 社内食堂でおしゃべりしながらのランチタイム。 午前の作業報告を行い、新たな指示を受ける。 製品を出荷するための伝票を作成する。 「JUNOS」会議の議事録作成やサンプル発注を行う。
スケジュール

営業部の「仕事」

西川の人05 西川の人06
細川浩志

Q1西川産業に入社したきっかけは?

繊維の街、城端で働く誇らしさ。

前職はまったく別の職種で、家の下に打つ杭だとか、コンクリートの二次製品をつくっていました。城端で生まれ育って、2人の子どもができた今でも城端に住んでいますが、前の職場は片道一時間弱。幼い子どもとの時間も大切にしたかったし、やっぱり地元で働きたいという思いもあったので、当社を志望しました。城端といえば繊維の街。伝統ある仕事に携われるのは誇らしいですね。

Q2主にどのような仕事をされていますか?

止まった機械の原因を突き止め、再稼働させる。

織物をつくる機械のオペレーターをしています。機械は24時間稼働しているのですが、何らかの原因で停止してしまいます。原因はいくつかありますが、設定した長さに達して仕上がっていれば、織物を切り離して検査室へ運びます。ヨコ糸がなくなっていれば補充をし、トラブルがあれば問題を突き止めて修復します。トラブルには糸同士がからまっていたり、部品に異常があったりとさまざまなケースがありますね。基本的に織るのは機械ですが、細かい手作業も多いです。
また、1 日何メートル織ったかという出来高を記録して、生産量を管理しています。最近では課の勤務計画表の作成も任されるようになりました。若手でも頼りにしてくれる職場です。

Q3仕事のやりがいとは?

誰もが知る海外ブランドにも認められるものづくり。

工場で働いていると、自分のつくった製品がどうなるのかあまり想像できないんです。でも朝礼で、誰もが知っている海外のファッションブランドの方が試作品を見にきたとか、そういう話を聞くととても誇らしいです。前職にもやりがいはありましたが、地下に埋められるものなど目に見えないものでした。それが今度は目にふれるものになり、しかも世界を驚かせている。かっこいい仕事だと思いますね。

Q4西川産業のいいところとは?

「どんどんチャレンジしなさい」と言われる環境。

大きなミスをしてしまったとき、社長から「自分ひとりの失敗で会社が潰れることはないから、どんどんチャレンジしなさい」って言われて。すごく楽になったし、うれしかったですね。やりたいと思ったらやらせてくれるし、なんでも聞いたらちゃんと教えてくれるし、困ったら助けてくれるし。ガッツさえあればどんどん成長できる環境だと思います。

Q5プライベートな時間はどのように過ごされていますか?

早番の日は、子どもたちとたっぷり遊ぶ。

織布課のオペレーターは、早番(6:00 ~ 14:15)と遅番(13:30 ~ 22:00)の二交替制です。早番の日は、2 人の子どもとよく家の庭で遊んでますね。子どもたちも家に帰ると僕がいるので、遊んでほしいとせがまれて。時間が合えば保育所に迎えに行きますし、遅番の日は送ることもあります。交替制は不規則にもなりますが、うまく使えばこれまで有給を使わないとできなかったこともできるし、プライベートな時間は確実に増えましたね。

Q6今後の目標はありますか?

一人前の機械エンジニアになりたい。

まだまだ先輩に聞いてばかりの半人前なので、しっかりと自分の判断で機械をまわしていけるようになりたいです。オペレーターがめざす次のステップは、作業全体を把握して、機械のトラブル時にもメンテナンスや部品交換ができるエンジニアです。今も時間を見つけては先輩に新しい仕事を教わっていますが、しっかりと勉強して、自分がいないとだめだという存在になりたいです。

西川の人07 西川の人08
細川浩志
西川の人05

Q1西川産業に入社したきっかけは?

繊維の街、城端で働く誇らしさ。

前職はまったく別の職種で、家の下に打つ杭だとか、コンクリートの二次製品をつくっていました。城端で生まれ育って、2人の子どもができた今でも城端に住んでいますが、前の職場は片道一時間弱。幼い子どもとの時間も大切にしたかったし、やっぱり地元で働きたいという思いもあったので、当社を志望しました。城端といえば繊維の街。伝統ある仕事に携われるのは誇らしいですね。

Q2主にどのような仕事をされていますか?

止まった機械の原因を突き止め、再稼働させる。

織物をつくる機械のオペレーターをしています。機械は24時間稼働しているのですが、何らかの原因で停止してしまいます。原因はいくつかありますが、設定した長さに達して仕上がっていれば、織物を切り離して検査室へ運びます。ヨコ糸がなくなっていれば補充をし、トラブルがあれば問題を突き止めて修復します。トラブルには糸同士がからまっていたり、部品に異常があったりとさまざまなケースがありますね。基本的に織るのは機械ですが、細かい手作業も多いです。
また、1 日何メートル織ったかという出来高を記録して、生産量を管理しています。最近では課の勤務計画表の作成も任されるようになりました。若手でも頼りにしてくれる職場です。

Q3仕事のやりがいとは?

誰もが知る海外ブランドにも認められるものづくり。

工場で働いていると、自分のつくった製品がどうなるのかあまり想像できないんです。でも朝礼で、誰もが知っている海外のファッションブランドの方が試作品を見にきたとか、そういう話を聞くととても誇らしいです。前職にもやりがいはありましたが、地下に埋められるものなど目に見えないものでした。それが今度は目にふれるものになり、しかも世界を驚かせている。かっこいい仕事だと思いますね。

西川の人07

Q4西川産業のいいところとは?

「どんどんチャレンジしなさい」と言われる環境。

大きなミスをしてしまったとき、社長から「自分ひとりの失敗で会社が潰れることはないから、どんどんチャレンジしなさい」って言われて。すごく楽になったし、うれしかったですね。やりたいと思ったらやらせてくれるし、なんでも聞いたらちゃんと教えてくれるし、困ったら助けてくれるし。ガッツさえあればどんどん成長できる環境だと思います。

Q5プライベートな時間はどのように過ごされていますか?

早番の日は、子どもたちとたっぷり遊ぶ。

織布課のオペレーターは、早番(6:00 ~ 14:15)と遅番(13:30 ~ 22:00)の二交替制です。早番の日は、2 人の子どもとよく家の庭で遊んでますね。子どもたちも家に帰ると僕がいるので、遊んでほしいとせがまれて。時間が合えば保育所に迎えに行きますし、遅番の日は送ることもあります。交替制は不規則にもなりますが、うまく使えばこれまで有給を使わないとできなかったこともできるし、プライベートな時間は確実に増えましたね。

Q6 今後の目標はありますか?

一人前の機械エンジニアになりたい。

まだまだ先輩に聞いてばかりの半人前なので、しっかりと自分の判断で機械をまわしていけるようになりたいです。オペレーターがめざす次のステップは、作業全体を把握して、機械のトラブル時にもメンテナンスや部品交換ができるエンジニアです。今も時間を見つけては先輩に新しい仕事を教わっていますが、しっかりと勉強して、自分がいないとだめだという存在になりたいです。

1日のスケジュール(早番の場合)

6:00 8:30 12:00 13:00 13:30 14:30
機械の再稼働 朝ごはん 出来高確認 機械エンジニアの
勉強
勤務表作成 退 社
停止した機械を見つけて原因を解明し、再稼動させる。 愛妻おにぎりが1日の活力に。 1日に何メートル織ったかを記録し、生産状況を確認する。 先輩に新しい仕事を教えてもらう。 月末には課の勤務計画表を作成する。
スケジュール

製造部の「仕事」

エントリー リクナビ 転職ナビ
エントリー
リクナビ
転職ナビ